忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イトリイ家や

芸術家や夏の避暑客がここにおしかけることはない。二世紀まえ、魔女の血筋、悪魔崇拝、不思議な森の存在といったものが本気で信じられていた頃には、一般にこの地を避けるもっともな理由があった。しかるにこの分別ある時代においても――一九二八年のダニッチの恐怖の事件がこの村や世界の平安を心にかける者たちによってもみけされて以来――人びとははっきりした理由もわからないまま、ダニッチを忌避するようになっているのだ。おそらくその理由の一つは――事情を知らない外部の者にはあてはまらないとはいえ――昔からの住民がいまでは胸が悪くなるほど堕落してしまい、ニューイングランドの多くの孤立した場所ではよく見うけられる、退化の道をたどりつづけていることだろう。彼らは自分たちだけで一族を形成し、精神および肉体の両面において、頽廃《たいはい》と近親結婚の明瞭な特徴をおびているのだDPM度身訂造。平均的な知性が痛ましいほど低い一方、彼らの行状の記録を見れば、歴然たる悪行、なかば秘められた殺人、近親相姦、いいようもない暴力と背徳の行為は枚挙にいとまがない。一六九二年にセイレムからやってきた、紋章をつける資格をもつ二、三の家を代表する古い家系の者たちは、どうにかあまねく広まる衰退をまぬかれてはいるものの、多くの分家はあさましい住民のなかに埋没して、その名前だけが自ら辱《はずかし》めている家柄を示すただ一つの鍵にすぎなくなってしまっている。ウェビショップ家のいくつかは、まだ総領の息子をハーヴァードやミスカトニック大学に進学させているが、そうした息子たちで、自分や祖先が生まれた、朽ちかける腰折屋根の住居にもどってくる者はほとんどいない。
 最近の恐怖にかかわる事実を知っている者であろうと、ダニッチにどのような問題があるのか、はっきりいいきれる者は誰もいないが、古い伝説が告げるところによると、かつてはインディアンの邪悪な儀式や秘密の集会がとりおこなわれ、大きな丸い山から禁断の影の存在が召喚され、荒あらしい狂乱の祈りが唱えられると、それに応えて地底深くから大音響がしたという。一七四七年には、ダニッチ村の会衆派教会に新しく赴任したアバイジャ・ホードリイ師が、悪魔やその眷族《けんぞく》の存在を間近に感じとりながら、注目すべき説教をして、そのなかでこういっているDPM點對點
 
[#ここから1字下げ]
 認めねばならぬことなれど、魔物どもの忌《いまわ》しき一団のかかる冒涜《ぼうとく》的なる行状、周知の事実なれば、否定することあたわず。砂漠の悪霊アザゼル、ブズラエル、はたまた悪魔ベルゼブル、ベリアルの呪われたる声の地底より聴かるること、いまや十を越ゆる信頼すべき者の証言あり。我もまた二週に足らざるまえ、吾が家の背後なる丘にて、邪霊どものまったく紛れもなき会話を耳にいたし、唸《うな》り、揺れ、まさぐり、ひっかき、はぎしりするがごとき、この世のものの断じてあげざる音あり、ただ黒魔術によってのみ見いだされ、悪魔そのものをおいて開くる者なき洞窟より発するに相違なしDPM枕頭
PR

いないと確信した

―人類もしくは人類先行種族によって――測り知れない太古から連綿と伝えられる魔術伝承の特定の局面が、高等数学と密接な関係をもってい證券行比較

ることについて、ギルマンが論じたてたことだった。
 四月上旬になると、興奮状態がまだおさまらないために、ギルマンはかなり頭を悩ますようになった。ほかの下宿人の何人かから、夢遊病ではないかといわれたことで、胸を痛めるようにもなっていた。どうやらギルマンはよくベッドを離れることがあるらしく、夜の特定の時間に床のきしむ音が、階下の下宿人の耳にとまっているのだった。この下宿人は夜に靴で歩きまわる足音を聞いたともいっていたが、靴はほかのものと同様に、朝にはいつも元の場所におさまっているので、ギルマンはこの点はまちがいにちが。この陰鬱《いんうつ》な古い家に住めば、およそありとあらゆる幻聴に悩まされるのだ――ギルマン自身、昼間でさえ、傾斜する壁のむこうや傾いた天井の上の暗い空間から、鼠のたてる音以外のものが聞こえてくると、はっきり確信しているほどなのだから。ギルマンの異常に鋭敏になった耳は、はるかな昔に鎖《とざ》された頭上の小屋裏にかすかな足音を探し求め、ときとして耳にはいるそれらしい幻聴は、胸が絞めつけられるほどに現実的なものだった。
 しかしながら、ギルマンは自分が実際に夢遊病になっていることを知るにいたった。夜に二度にわたって部屋が無人になっていながら、衣服がすべて残っていたからだ。これについては、貧乏なためにこのみすぼらしく評判のよくない家に下宿せざるをえない学友、フランク・エルウッドが請けあった。エルウッドの話によると、真夜中をすぎて勉強をつづけ、微分方程式について教えをうけようと思い、ギルマンの部屋に行ってみると、部屋はもぬけの殻だったという。ノックに返事がなかったため、鍵のかかっていないドア帝國金業黃金買賣を開けたのは、不作法のそしりをまぬかれないが、エルウッドはひどく助力を必要としていたので、そっと揺り起こせばギルマンも気にしないだろうと思ったのだ。けれど二度訪れてみたが、二度ともギルマンは部屋にいなかった――そしてそのことをギルマンに話すと、素足に夜着を身につけただけの恰好《かっこう》で、いったいどこをさまよっていたのだろうかと不思議がった。ギルマンはこれからもあいかわらず夢中遊行がつづくようなら、この件を調べてみようと心に決め、小麦粉を床にまいて足跡がどこにむかうかを確かめることを思いついた。狭い窓の外は足場になるようなものがなかったから、ドアが唯一考えられる出入口だった。
 四月が深まるにつれ、熱のために鋭敏になったギルマンの耳は、一階の部屋を借りているジョー・マズレヴィッチという迷信深い織機修理人の唱える、どうにも哀れっぽい祈りに悩まされるようになった。マズレヴィッチは老キザイアの幽霊と、鋭い牙があって鼻をこすりつける毛むくじゃらの生物について、長ながととりとめのない話をすることがあり、やけにとり憑かれることがあるから、銀の十字架――聖スタニスラウス教会のイヴァニツキ神父から魔除けとしてもらったもの――だけが、自分に救いをもたらしてくpola 抗衰老れるのだといっていた。いま祈っているのは、魔宴がせまっているためだった。五月祭前夜はヴァルプル

の同僚に思いき

に灯を消してカーテンを閉ざすこともあれば、こっそり近づいてくる者がいると、色浅黒く罪深いあばた面が窓から消えてしまうこともある。警官たちも秩序や感化をもたらすことをあきらめ、それよりはむしろ、外の世界を悪しき影響から護almo nature 狗糧る防壁を設けようとしているほどだ。警官が巡回する音に応えるのは、一種不気味な沈黙で、逮捕されるような者たちは決して口をわることがない。目にとまる犯罪は国なまりと同様に千差万別、すべてを網羅して、ラム酒の密輸や不法入国の手引にはじまり、さまざまな段階の不法行為や理解しがたい非行を経て、最も忌《いま》わしい様相を帯びる殺人や傷害におよぶ。こうした目につく事件がさして頻発するわけではないのは、犯罪を隠蔽《いんぺい》する力の行使が名誉を強要する技術である点は別として、隣人たちの名誉となるものではない。レッド・フックに入りこむ者はひきあげる者――少なくとも陸伝いに立ち去る者――よりも多く、立ち去る可能性が最も高いのは寡黙な者である。
 マロウンはこうしたさまざまなものの状態のうちに、住民が密告したり、司祭や博愛主義者が嘆いたりする、どんな罪よりも恐ろしい秘密の悪臭をかすかにかぎとっていた。無法状態に生きる現代人が日々の生活や形式ばったしきたりのうちに、なかば類人猿めいた原始的な残虐性をもつ険悪きわまりない本能的な行動様式を、不吉にも繰返すきらいのあることは、マロウンも想像力を科学知識に結びつける者として意識しており、早朝未明の頃合に、うつろな目をしたあばた面の若者たちが列をつくり、祈りをあげたり毒づいたりしながら通りを練り歩く姿をよく目にしては、慄然《りつぜん》たる行為を目撃した人類学者のように震えあがったものだった。こうした若者たちの集団はたえず目につき、街角で横目づかいに見張りをしていることもあれば、戸口で安っぽい楽器を不気味に鳴りひびかせていることもあり、ときには区役所に近いカフェテリアのテーブルで、ぼんやり眠りこけていたり卑猥《ひわい》な会話にふけっていたり、しっかり鎧戸《よろいど》が閉ざされた崩れかかる古い家屋瑞戈非尼の高い玄関口のまえ、そこに停車している薄汚いタクシーのまわりで、声を潜めて話しあったりしていた。マロウンが警察ってうちあけた以上に、彼ら若者たちに震えあがりながらも魅せられたのは、彼らのうちに秘密が継承されていることを示す凶《まが》まがしい特徴、すなわち警察が専門的見地から細心の注意をはらって列挙する、犯罪の事実や手口、犯罪者たちの巣窟といった、卑しい記録の集積物にも見あたらない、空恐ろしい謎めいた太古の行動様式が認められると思われたからだった。彼らは何か衝撃的な原初の伝統を継承する者たち、人類よりも起原の古い祭式や儀式の堕落したきれぎれの断片を共有する者たちにちがいない。マロウンはひそかにそう思っていた。そのことは彼らの行動が首尾一貫して、それなりの枠《わく》にはまったものであることがほのめかしているし、どうあっても彼らのあさましい無秩序の背後に一つの秩序が潜んでいると思わざるをえない、尋常ならざる疑惑のうちにもあらわれていた。マロウンはマリイ女史の『西欧における魔女信仰』といった論文を無駄に読んだわけではなく、近年にいたるまで農民や盗賊のあいだで、恐ろしい集会や乱行をおこなう秘密組織が確かに生きながらえていたこと、それがアーリア語族の世界誕生に先立つさまざまな暗澹《あんたん》たる信仰から発し、黒《くろ》弥撒《ミサ》とか魔女の魔宴とかいった世間によく知られる伝説にその姿をとどめていることを知っていた。これら古ぶるしいウラルアルタイ=アジア系の魔術と豊穣信仰の地獄大腸癌口服標靶藥めいた名残が、現在では完全に死にたえてしまったなど、マロウンは瞬時とて想像することもできず、そうしたものの一部が実際のところ、伝承される話の最悪のものにもまして、どれほど古いものか、またどれほど凶まがしいものかと思うことがしばしばだっ

無限の領域からの

黄昏が迫ったとき、抜けるように青い空に対する妙な怖気《おぞけ》が心にしのびいったため、雲でも群がってくれればいいのにとぼんやり思ったからだ。
 わたしの意見を明ら柏傲灣呎價かにせよとはいわないでいただきたい。わたしにはわからないのだ――それだけしかいえない。質問をする相手はアミ以外に誰もいなかった。アーカムの住民は不思議の日

々について話してくれようとはしないし、石質隕石と不思議な色の球体を目にした三人の教授は、すべてもう死んでしまっているからだ。球体はほかにもあった――すべてはそこにかかっている

。一つは自ら育って逃げだしたにちがいなく、おそらく遅れをとったものがいま一つあったのだろう。明らかにそれがまだ井戸の底にいるのだ――わたしは有害な井戸の縁の上を見たとき、太陽

の光がどこか普通でなかったことを知っている。農夫たちは胴枯れ病が一年に一インチずつ広がっているというので、いまですら恐ろしい成長というか養分の吸収というものがおこっているのだ

ろう。しかしそこにどのような悪魔が孵化《ふか》していようと、何かにつなぎとめられているにちがいない。そうでなければ速やかに蔓延《まんえん》しているはずだからだ。空をつかもうと

しているような木々の根に結ばれているのだろうか。最近のアーカムの風説の一つには、異常にも夜に輝いて揺れる樫《かし》について、あれこれ取り沙汰するものがある。
 正体が何なのかは神以外に知る者はない。物理的にいって、アミの描写するものはガスだろうと思うが、このガスは、わたしたちの宇宙のYumei好用法則には従わないものなのだ。天文台にある望遠鏡や

写真乾板で輝く姿を見せるような、恒星や惑星の生みだしたものではない。天文学者が計測したり、広大にすぎて計測できなかったりする、そんな次元や運動を備えた宇宙からの息吹《いぶき》

ではなかった。単なる宇宙からの色にすぎなかったのだ――わたしたちの知る自然を超越する、まだ形成されていない使者、わたしたちのおびえた目のまえに黯黒《あんこく》

の超宇宙の深淵を開けて、脳に強烈な衝撃をあたえて麻痺させる、そんな領域からの使者だったのだ。
 アミがわざとわたしに嘘をついたということは、ありそうにもないし、アミの話が街の者によって警告されていたような、狂気のたわごとであるとも思えない。あの隕石とともに恐ろしいもの

が丘と谷にやってきたのであり、その恐ろしいものは――どれくらいの大きさなのかはわからないが――いまもそこにとどまっているのだ。水が満々とたたえられるのを見れば、わたしはうれし

い気持になるだろう。それまでアミに何もおこらないことを願う。アミは多くを見すぎてしまった――それによる影響がひそかに進行しているのだ。どうしてアミはよそに移ることができないの
清晰微笑激光矯視中心
だろう。瀕死《ひんし》のネイハムの言葉を何とはっきりおぼえていることか。「逃げられるもんか……引き寄せられて……近づいてきとることがわかっとっても、どうすることもできんのだ…

…」思えば、不気味な言葉ではないか。アミは善良な老人なのだ――貯水池の建設にたずさわる作業員が仕事にとりかかるころ、主任技師に手紙を書いて、アミに目を光らせてもらわなければな

らない。わたしはどうあっても考えたくないのだ。あのアミが、わたしの眠りを執拗に悩ませる、色は灰色、歪んでもろく、ばけものじみたものになりはてた姿など。

ちに、焼け野につ

トール・ローザの風景画か、怪奇小説に付されるような禁断の木版画に、あまりにもよく似ていた。
 しかしこうしたもので身體脂肪さえ、焼け野ほどひどくはなかった。広びろとした谷でたまたま焼け野に行きあたったとたん、わたしはすぐにそれと知った。それ以外にふさわしい名称がないというか、その名にこれほどふさわしい場所はないと思えるほどのものだったからだ。さながらこれを見た詩人が名づけたかのようだった。焼け野を見ながら思ったことだが、火災の結果こうなったにちがいない。しかし空をさえぎるものなく、五エーカーにわたって広がるこの荒涼とした灰色の地が、木々や野原が酸におかされてできた大きな染みのように、何一つ新しく育つものがないのはどうしてなのだろうか。大部分は旧道の北に位置しているが、南側にもすこしくいこんでいる。わたしは近づくのに妙な気おくれを感じ、ようやく足を進めたのも、仕事をはたす義務感にうながされてのことにすぎなかった。この広い場所には植物が何一つとしてなく、ただ灰色の塵《ちり》というか灰があるばかりで、それも風に吹き飛ばされることがないように思えた客製化
。焼け野の近くに立っている木々は病的に生育が阻害されていて、焼け野の縁では、枯れた木の幹が数多く、立ったままか倒れこんで朽ちはてていた。わたしは急ぎ足で進みながら、右手に古い煙突の煉瓦や地下室の石を目にしたが、もう誰もつかう者のいない井戸が黒ぐろとした口を開け、そこから昇るすえた蒸気が太陽の光を妙に揺らめかせていた。これにくらべれば、その向こうの、木々が陰をおとす暗く長い登り道さえ、まだありがたいと思えるほどで、アーカムの人びとが恐ろしげに声を潜めて話すことを、わたしはもう不思議にも思わなかった。近くには住居も廃屋《はいおく》もなかった。遠い昔でさえここはわびしく孤立した場所だったにちがいない。そして黄昏《たそがれ》が迫るころ、わたしはこの不気味な場所をまた通ることを恐れて、南にくだる道をたどり、遠まわりをして街にもどった。頭上の抜けるような青い空に対して、妙な怖気《おぞけ》が心にしのびこんでいたので、雲でも群がってくれればいいのにと、そんなことをぼんやり思ったものだ。
 その日の夕方、わたしはアーカムの老人たいてのことや、何度となく曖昧に口にされる、「不思議の日々」とはどういうことなのかとたずねてみた。しかしはっきりした答は得られず、謎のすべてが思っていたよりも最近におこったことがわかっただけだった。古い伝説に属するものではなく、口にする者たちが生まれてからおこったことだったのだ。八〇年代に発生して、ある一家が姿を消したとも殺されたともいわれている。どちらなのかは話す者によってまちまちだった。そして誰もが、アミ・ピアースの突拍子もない話には耳をかすなと口をそろえていったので、翌朝わたしは、木々の密生しはじめる場所に建つ、崩れかけた古い農家にひとりきりで住んでいるという、アミを探しに出かけた。何とも古ぼけた薄気味悪い住居で、あまりにも長いあいだ建っている家にこびりつく、あのどことなく不快な臭《におい》を放ちはじめる段階にあった。執拗にノックを繰返してようやく、老人は目を覚ましてくれた公屋按揭が、足をひきずってドアに近づいてくる様子には、訪問客を歓迎しない気持が感じとれた。わたしが予想していたほど体も弱ってはいなかったが、妙に伏し目がちで、だらしない恰好をして、白い顎鬚をたくわえていることもあって、やつれきった陰気な人物のように思えた。話をしてもらうのにどうもっていけばいいのかわからなかったので、仕事を口実にして、調査していることを話し、このあたりについて漠然とした質問をした。最初うけた印象よりも、アミは聡明で教養もあり、わたしがアーカムで話した誰よりも要点をしっかりとらえていた。貯水池が予定されている近辺の農民たちと、アミはまるっきりちがっていた。古くからある林や農地が何マイルにもわたって消えてしまうことにも、抗議をしなかったが、湖になることが予定される地域内に住居があったなら、おそらく抗議をしていただろう。いずれにせよ、アミがわたしに見せたのは、安堵《あんど》の気持だけだった。これまでずっと歩きまわっていた太古からの暗い谷の運命に対し、アミが示した気持は安堵だった。いまでは――いや不思議の日々から――水底に沈んでいるほうがいいのだ。アミはこういうと、かすれた声を低くして、体をまえに乗りだし、震える右手の人差指をいかめしくつきだしながら、話しはじめた。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R