忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冬天手腳冰涼?中醫教你6種“升溫”法

冬天手腳冰涼?中醫教你6種“升溫”法


一到冬天,很多人就凍得瑟瑟發抖,尤其很多體型瘦弱、虛寒體質的美女,即使穿得再暖和,手腳始終都是冰冷的。其實,大多數人都知道這是陽氣不足的反應。專家認為,手腳冰冷的原因主要有兩個:一是陽氣不足,二是氣滯。那該如何“升溫”呢?


手腳冰冷有兩種情況:陽氣不足、氣滯


專家介紹,所謂的陽氣不足,很多人都理解,就是能量不足,能源不夠,不能滿足人體的需要,所以手足不溫。而氣滯就是能量是夠的,但是道路不通暢,能量運輸不出去,形成四肢熱量相對不足的狀態,中醫術語就是“陽氣內鬱,不能達於四末”。


“要判斷自己屬於那種情況,最好先找中醫師判斷一下。”如果是陽氣不足,那就用溫補的方法處理,中醫有溫補陽氣的中成藥,如金匱腎氣丸、右歸丸。如果是氣滯的原因,那主要用理氣的方法,比如中醫有個方劑叫四逆散,就是治療氣機不暢形成的四肢逆冷的。


在家試試這六種方法“升溫”


除了服藥調理身體外,在家中也要註意一些細節,同樣可以讓身體“升溫”——


1.養成良好的飲食習慣,攝入足夠的熱量。飲食是氣血化生之源,如果不按時飲食,或吃得太少、偏食,比如節食減肥等,都會引起氣血不足,陽氣虛弱。


2.適當的運動。運動則氣血流暢,陽氣外達,溫煦功能正常。


3.註意保暖。多穿衣服,防止熱量散失過快,也少在溫度過低的環境中,防止消耗過多的熱量。


4.食療。可以多吃一點溫補的藥物或食物,如黃芪、當歸、巴戟等中藥材,口感好,又都可以溫補陽氣。像羊肉、雞肉、生薑、大蒜、大蔥、大棗等食物,也都有溫補的作用。


5.泡腳。睡前溫水泡腳也有很好的運行氣血的作用,還可以加用桂枝、艾葉、木香、川芎之類的中藥,或者直接加一些白酒也可以。泡腳還應註意水溫不能超過45攝氏度,時間在半小時以內。


6.熱敷丹田:丹田周圍,是人體陽氣化生匯聚之地,用粗鹽包、藥包熱敷或神燈照射丹田周圍,如神闕、關元、氣海這些穴位,都有較好的溫補陽氣的作用。


PR

新型埋線方法 安全有效瘦面

  




  隨著年齡的增長,人的眼睛脖子嘴角都開始出現了一些衰老的症狀,而目前埋線瘦面最受歡迎的方法之一,就是用金線植入皮膚拉展皺紋提升的手術方法。用金線通過長針埋入皮下層,促進膠原蛋白產生,達到瘦面的效果,增加肌膚彈性,改善膚質,有助於防止老化。而且是不需開刀,不留傷痕,自然拉直肌膚使皮膚增加彈性的NEW BEAUTY的隔空埋線療程跟HIFU一樣,是無創性的,所以唔洗擔心會有傳統埋線 副作用。在不傷害表皮的情況下,就能達到埋線效果!導頭是分深層4.5mm、中層3.0mm兩個深度,深層4.5m可以直達筋膜層,可使皮膚筋膜收縮拉緊,而中層3.0mm可以直達膠原層,可有效刺激骨膠原增生,回復皮膚彈性及活力,逆轉肌齡!。




  臉部皮膚鬆弛就會顯得比實際年齡老,這讓人非常的苦惱,在很多美容機構中,埋線瘦面的方法還是很常見的,現在這種方法被被大眾所知,而且很多女性都會選擇這種方法。相比於其他的美容方法,埋線瘦面方法不會傷害女性的面部知覺神經,而且不會出現手術的操作失誤。當然,這也需要選擇專業的醫院和醫生進行操作NEW BEAUTY的隔空埋線療程跟HIFU一樣,是無創性的,所以唔洗擔心會有傳統埋線 副作用。在不傷害表皮的情況下,就能達到埋線效果!導頭是分深層4.5mm、中層3.0mm兩個深度,深層4.5m可以直達筋膜層,可使皮膚筋膜收縮拉緊,而中層3.0mm可以直達膠原層,可有效刺激骨膠原增生,回復皮膚彈性及活力,逆轉肌齡!。




  埋線這種方法可以使女性達到瘦面的效果,採用的是人體可以溶解吸收的醫療用線,植入到皮膚的真皮層以下,按照希望的方向製造皮膚的引張力,幾乎沒有副作用,代替了傳統的面部提升術,是一種新型安全、有效、微創式面部除皺提拉方法NEW BEAUTY的隔空埋線療程跟HIFU一樣,是無創性的,所以唔洗擔心會有傳統埋線 副作用。在不傷害表皮的情況下,就能達到埋線效果!導頭是分深層4.5mm、中層3.0mm兩個深度,深層4.5m可以直達筋膜層,可使皮膚筋膜收縮拉緊,而中層3.0mm可以直達膠原層,可有效刺激骨膠原增生,回復皮膚彈性及活力,逆轉肌齡!。




  通過植入特殊的線,不僅有直接提升作用,而且還同時改善皮膚品質,使皮膚恢復年輕的狀態NEW BEAUTY的隔空埋線療程跟HIFU一樣,是無創性的,所以唔洗擔心會有傳統埋線副作用。在不傷害表皮的情況下,就能達到埋線 效果!導頭是分深層4.5mm、中層3.0mm兩個深度,深層4.5m可以直達筋膜層,可使皮膚筋膜收縮拉緊,而中層3.0mm可以直達膠原層,可有效刺激骨膠原增生,回復皮膚彈性及活力,逆轉肌齡!。

ような感じとし

ってしまったようだった。肉体の感覚は麻痺してしまい、恐怖さえもが、亡霊にも似た不動の怪物像が力なくわたしを横見しているて、残っているだけだった。
 落下した石塊や、元の形をとどめていない砕石や、ありとあらゆる砂や岩屑《がんせつ》が散乱している平坦な場所に、わたしはついにたどりついた。両側には――およそ三十フィートの距離を置いて――堂々とした壁がそびえ立ち、遙か頭上は交差穹窿《グロイニング》になっていた。壁面に彫刻がほどこされているのはすぐにわかったが、その性質はわたしの理解を超えるものだった。
 わたしの心を一番捕えたのは、頭上の穹窿だった。懐中電燈の光も頂部まではとどかなかったが、途方もない大きさをした迫持《アーチ》の下部ははっきりと見えた。とどまるところを知らぬ旧世界の夢で目にしたものと、完璧に一致しているため、わたしははじめて実際に身を震わせた。
 背後の頭上高くにあるぼんやりした輝きは、外の世界の遙かな月光の存在を物語っていた。わずかばかりの用心深さがぼんやりと残っていたのだろう、もどるための導きをなくすことがないよう、この光を見失ってはならないという気がした。
 わたしは彫刻の跡が一番はっきりしている左手の壁に足をむけた。石片や岩屑が散乱しているため、前進するのは這いおりたときとほぼ同じくらい困難だったが、気をつけながら一歩一歩足を進めた。
 舗装がどんなふうになっているかを見るために、ある場所で石片をもちあげたり岩屑を足で蹴りのけたりしたが、ゆがんだ表面がなおもおおよそ結合を保っている八角形の大石の、その決定的な馴染深さにぞっとした。
 壁面近くに達すると、磨耗した彫刻の名残に懐中電燈の光をゆっくりと慎重に投げかけた。何か過ぎし日々に、水が流入して砂岩の表面に影響をおよぼしたように思えるとともに、わたしには説明することのできない、妙な付着物があった。
 石造建築物は場所によって極度にゆるんだりゆがんだりしており、わたしはこの隠された原初の大建築物が、大地の隆起をうけながら、これからどれほどの歳月にわたっていまの姿を保ちうるだろうかと思った。
 しかしわたしを一番興奮させたのは、彫刻そのものだった。歳月のままに崩れはてる状態にありながらも、間近にせまると比較的たやすく跡をたどることができた。そして細部にいたるまでの完璧な根強い馴染深さは、わたしのあらぬ想像力をほとんど完全に消し去った。この古びた石造建築物の主要な属性が馴染深さであることは、普通に信じられることを超えるものではないからだ。

イトリイ家や

芸術家や夏の避暑客がここにおしかけることはない。二世紀まえ、魔女の血筋、悪魔崇拝、不思議な森の存在といったものが本気で信じられていた頃には、一般にこの地を避けるもっともな理由があった。しかるにこの分別ある時代においても――一九二八年のダニッチの恐怖の事件がこの村や世界の平安を心にかける者たちによってもみけされて以来――人びとははっきりした理由もわからないまま、ダニッチを忌避するようになっているのだ。おそらくその理由の一つは――事情を知らない外部の者にはあてはまらないとはいえ――昔からの住民がいまでは胸が悪くなるほど堕落してしまい、ニューイングランドの多くの孤立した場所ではよく見うけられる、退化の道をたどりつづけていることだろう。彼らは自分たちだけで一族を形成し、精神および肉体の両面において、頽廃《たいはい》と近親結婚の明瞭な特徴をおびているのだDPM度身訂造。平均的な知性が痛ましいほど低い一方、彼らの行状の記録を見れば、歴然たる悪行、なかば秘められた殺人、近親相姦、いいようもない暴力と背徳の行為は枚挙にいとまがない。一六九二年にセイレムからやってきた、紋章をつける資格をもつ二、三の家を代表する古い家系の者たちは、どうにかあまねく広まる衰退をまぬかれてはいるものの、多くの分家はあさましい住民のなかに埋没して、その名前だけが自ら辱《はずかし》めている家柄を示すただ一つの鍵にすぎなくなってしまっている。ウェビショップ家のいくつかは、まだ総領の息子をハーヴァードやミスカトニック大学に進学させているが、そうした息子たちで、自分や祖先が生まれた、朽ちかける腰折屋根の住居にもどってくる者はほとんどいない。
 最近の恐怖にかかわる事実を知っている者であろうと、ダニッチにどのような問題があるのか、はっきりいいきれる者は誰もいないが、古い伝説が告げるところによると、かつてはインディアンの邪悪な儀式や秘密の集会がとりおこなわれ、大きな丸い山から禁断の影の存在が召喚され、荒あらしい狂乱の祈りが唱えられると、それに応えて地底深くから大音響がしたという。一七四七年には、ダニッチ村の会衆派教会に新しく赴任したアバイジャ・ホードリイ師が、悪魔やその眷族《けんぞく》の存在を間近に感じとりながら、注目すべき説教をして、そのなかでこういっているDPM點對點
 
[#ここから1字下げ]
 認めねばならぬことなれど、魔物どもの忌《いまわ》しき一団のかかる冒涜《ぼうとく》的なる行状、周知の事実なれば、否定することあたわず。砂漠の悪霊アザゼル、ブズラエル、はたまた悪魔ベルゼブル、ベリアルの呪われたる声の地底より聴かるること、いまや十を越ゆる信頼すべき者の証言あり。我もまた二週に足らざるまえ、吾が家の背後なる丘にて、邪霊どものまったく紛れもなき会話を耳にいたし、唸《うな》り、揺れ、まさぐり、ひっかき、はぎしりするがごとき、この世のものの断じてあげざる音あり、ただ黒魔術によってのみ見いだされ、悪魔そのものをおいて開くる者なき洞窟より発するに相違なしDPM枕頭

いないと確信した

―人類もしくは人類先行種族によって――測り知れない太古から連綿と伝えられる魔術伝承の特定の局面が、高等数学と密接な関係をもってい證券行比較

ることについて、ギルマンが論じたてたことだった。
 四月上旬になると、興奮状態がまだおさまらないために、ギルマンはかなり頭を悩ますようになった。ほかの下宿人の何人かから、夢遊病ではないかといわれたことで、胸を痛めるようにもなっていた。どうやらギルマンはよくベッドを離れることがあるらしく、夜の特定の時間に床のきしむ音が、階下の下宿人の耳にとまっているのだった。この下宿人は夜に靴で歩きまわる足音を聞いたともいっていたが、靴はほかのものと同様に、朝にはいつも元の場所におさまっているので、ギルマンはこの点はまちがいにちが。この陰鬱《いんうつ》な古い家に住めば、およそありとあらゆる幻聴に悩まされるのだ――ギルマン自身、昼間でさえ、傾斜する壁のむこうや傾いた天井の上の暗い空間から、鼠のたてる音以外のものが聞こえてくると、はっきり確信しているほどなのだから。ギルマンの異常に鋭敏になった耳は、はるかな昔に鎖《とざ》された頭上の小屋裏にかすかな足音を探し求め、ときとして耳にはいるそれらしい幻聴は、胸が絞めつけられるほどに現実的なものだった。
 しかしながら、ギルマンは自分が実際に夢遊病になっていることを知るにいたった。夜に二度にわたって部屋が無人になっていながら、衣服がすべて残っていたからだ。これについては、貧乏なためにこのみすぼらしく評判のよくない家に下宿せざるをえない学友、フランク・エルウッドが請けあった。エルウッドの話によると、真夜中をすぎて勉強をつづけ、微分方程式について教えをうけようと思い、ギルマンの部屋に行ってみると、部屋はもぬけの殻だったという。ノックに返事がなかったため、鍵のかかっていないドア帝國金業黃金買賣を開けたのは、不作法のそしりをまぬかれないが、エルウッドはひどく助力を必要としていたので、そっと揺り起こせばギルマンも気にしないだろうと思ったのだ。けれど二度訪れてみたが、二度ともギルマンは部屋にいなかった――そしてそのことをギルマンに話すと、素足に夜着を身につけただけの恰好《かっこう》で、いったいどこをさまよっていたのだろうかと不思議がった。ギルマンはこれからもあいかわらず夢中遊行がつづくようなら、この件を調べてみようと心に決め、小麦粉を床にまいて足跡がどこにむかうかを確かめることを思いついた。狭い窓の外は足場になるようなものがなかったから、ドアが唯一考えられる出入口だった。
 四月が深まるにつれ、熱のために鋭敏になったギルマンの耳は、一階の部屋を借りているジョー・マズレヴィッチという迷信深い織機修理人の唱える、どうにも哀れっぽい祈りに悩まされるようになった。マズレヴィッチは老キザイアの幽霊と、鋭い牙があって鼻をこすりつける毛むくじゃらの生物について、長ながととりとめのない話をすることがあり、やけにとり憑かれることがあるから、銀の十字架――聖スタニスラウス教会のイヴァニツキ神父から魔除けとしてもらったもの――だけが、自分に救いをもたらしてくpola 抗衰老れるのだといっていた。いま祈っているのは、魔宴がせまっているためだった。五月祭前夜はヴァルプル

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R