忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

動乱時代


これは1つの動乱時代。すべてが揺れる中、全てはいつでも変化中の。人々は難しい計算彼らの将来にしても、一番短いの将来。この普通の人を悶える。そんな苦悶や深い或いは薄包む全中国も、または厚や薄い充満して全世界。この回世界大戦の2年前、ある人は普通の人所の幻滅。この幻滅と大戦後この年、より顕著になる。我々中国は特にこのよう。

中国の八年苦しい抗戦を経て、普通の人にもがいて暮らしている。勝利の到来を当時、一息ついて、思わず胸に描いている三五年後に実現可能な小康時代。私たちもわかる太平時代には遠いので、まず希望だけある小康時代。勝利の歓声が稲妻のように過去、そしてがつまらなくて雷响。この変化が早くて、幻滅が速すぎて、普通の人に失望のあまり、思わずと目の前の動乱の情勢は抗戦期よりもいくらかに動乱。それにこの動乱は世界的なように、私たちの中国という国はない、十分な力を制御してこの動乱;私達は計算できないまでも、読めない、この動乱をいつまでも安定いつ出現小康時代。だから普通の人よりも深いのが壊れてしまった。

中国はある治の乱に循環の歴史の哲学。機械の循環論、現代は少ない人を信じ、しかし広義のを見て、相対的に見て、治乱の起伏は言うことができるのは史実、いわゆる広義のは、政治に限らず、経済恐慌は、一種の動乱の情勢。いわゆる相対的には、天気大乱は、小さな治小乱;各国家、各社会の状況によってはすべてそれらの治乱の起伏。ここは治乱の起伏は、人類は歩いている曲がりくねった道は曲がりくねった道を歩いていますが、いつも目標に向かって進み出る。私は信じて人類の目標があるので、進歩がある。毎回治乱の起伏が、清算になってきて、ここに多少なんだかの進展。

しかし人々は一般的に見ても治なくちゃ。動乱時代を小康時代、小康時代を太平時代――本当の「太平」の時代に、実はただ1種の理想。人間に向かって歩いているこの理想の曲がりくねった。だから、曲折が現実と理想の衝突。理想と現実はすべての人間の創造、創造の過程の中で、どうしても試験とミスのように、衝突。現実を現実と衝突、現実は理想と衝突、理想は理想と衝突があるように。一方で、人生の矛盾に満ちて;一方から見て、矛盾の中では一緻したところもある。人間は様々な衝突に進展。

動乱時代で衝突がもっと多くて、人々の不安、迷い、失望、すると幻滅。幻滅は幻滅、まだ生き。は生きていって、しかし飽きて、呪って。そこで首を振り、眉、「仕方がない!仕方がない」と言い、毎日毎日混過去。しかし、この場合は常態中年の人、彼はまだかなりの精力で、彼はいつもこのように甘んじない過去です;彼は生きる意味があるか。彼はそれを賭けて退廃タバコ、酒、女は思う存分自分。一面に献身の投機、がむしゃら原則は自分に有利しさえすれば。どうせすべて原則が動揺して、誰は誰ですか?ただ今を捉えて、自分をつかんで、どんな社会国家管!古「私を下げない、閑あわれむ私後!」

これらの人々が形容。

一部の人も幻滅の余活続けて、しかし憎悪、怒っている。恐れずに幻滅、は幻滅の遺跡を新たな理想。彼らはこの国を改造して、改造のこの世界に。これらの人はたぶん靑年が多く、靑年精力足、心配が少なく、彼らは伝統的な原則を嫌い、嫌い。今これらの伝統のこれらの原則は揺らいでの中で、彼らはまったく足を蹴って行きたい。彼らは新しい伝統、新しい原則、新中国は、新世界。彼らもがむしゃらではなく、自分自身の為だけに。彼らは自然に免れない試験とミス。試験とミスの結果、続く動乱の情勢も終わる動乱情勢?これは社会に矯正の力と安定の力を、つまり彼らが現実を掴んではつかめない。

まだ人も幻滅の余活続けて、しかし現実は認識しており、適応している。彼らはだんだんこの動乱の時代を認識し、受け入れてこの動乱の時代。彼らは大体いくらかの中年の人、彼らの精力と度胸だけ自分の持ち場を守り、自分の仕事を行う。これらの人々が退廃的、改造の任務を担うもない、ただ大時代にいくつかの小人物。しかし彼らは慎重調整様々な伝統と原則、忠誠を保っているそれらの。それらの伝統と原則は、一部の人を蹴っていって、しかしその中の主な部分はそれらの存在理由。社会は脈絡の、歴史は脈絡の。一つの新しい社会もない空から落ちて、それからは従来の土壌の中に出す。社会の安定力は末端の衣食住、中国では特に農民の衣食住;しかしこれらの小人物に、社会の安定に上部機関、も少し貢献。彼らはついついかもしれない時代の流れの衝撃でやっと自分の持ち場をも生命が、彼らが抱いているいくつかのものも存在する。

以上の三つの類の人は、筆者自身をよく見かけるのそしてかなり知らないと言って、自然を含むすべての。しかしこの3種類の人はこの動乱時代の主な分子。筆者は希望で描く3種類の人も多少説明したこの時代の情勢。彼らは多かれ少なかれの現実を知る、も多かれ少なかれ掴む現実と、その後2種類の人でも近く遠く小さいや大な理想。役に立ったのはこの2つの人。あの頽廃者は消費、無駄で、自分について、社会なのな。その投機筋の社会の秩序を乱す、ついにも消耗と無駄に帰り道。あちこちを苦脸「しょうがない」という人が無益で、これらの人はまるで有害ました。改造者自然は時代の指導者が、希望彼らから于操過ぎに切り、急げば必ずしそこなう。もとは調整者と改造者相輔を用ようだが、彼らには至っていない保守すぎる、抱残守阙。このように生きているのバランスを維持し、我々は希望の比較的に速い歩いて1つの小康時代。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R