忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

下棋


老家在農村,一提起農村,就讓想人起中國西南的一些農村唱山歌的盛況。我老家雖然也在南方,但是,當地的人們唱山歌或者民歌幾乎是一片空白,即使有歌聲,也都是學生娃娃們或者青年人從學校或者收音機、電視上學來的歌。但是,我老家也有一項許多農村所不曾有過的熱鬧,那就是:每到農閒時節,二十幾個象棋愛好者常常自然形成幾個小組,三五成群的聚在一起切磋一番。到了春節前後,那更是下象棋的黃金季節。這些人中,我四叔是個積極分子————四叔是多年的校長,下棋的時間比村裏其他人多得多。有些十分愛好下象棋的人,不等秋收結束,就忙裏偷閒地和人對壘起來。正在他們殺得難分難解的新加坡旅遊時候,難免就會傳來家庭主婦們氣急敗壞的咒罵:你個短命鬼,事都沒有做完,下棋就能當你祖宗嗎?這時候,理虧的棋手只好嘿嘿一笑,算是給孩子他媽道歉—————棋照樣下。四叔似乎從沒有受過這樣的呵斥,他有工資本呢,四嬸怎敢呢?

我在童年時只有看棋的份,到了十七歲,我說和四叔學下象棋。四叔也不嫌我在象棋方面連“人之初”都不會,也熱心地和我對壘。不過,他提出讓我兩個車,後來,漸漸的讓得少了————讓一車一馬,讓一車,讓一馬或者一炮。就是這樣,也許是我的實戰機會太少了,我得求學,得忙成家立業的事情,再加上象棋遠不如寫作輕鬆,這也得有點天賦啊。十年以後,我和四叔的在不讓子的情況下,如果下二十盤棋,一般的情況是:十盤棋他沒有輸,十盤棋我沒有贏,他畢竟是遠近有名的文儀用品高手啊。二十一世紀中期,我四十歲了,偶然能勝出四叔一兩盤,四叔畢竟上七十歲了。

其實,從九十年代後期開始,我就漸漸迷上了在網上下棋。幾年前,家裏有了電腦,下棋的機會就更多了。啊,在電腦前下棋真是一件賞心悅事。你愛和什麼級別的人下棋,你愛和什麼地方的人下棋甚至你愛和什麼性別的人下棋,隨便自己挑。因為這裏是象棋的海洋,超級高手、中庸棋手、臭棋簍子雲集在電腦前,雖然看不見人,但也別有情趣。網上下棋也允許悔棋,不過得別人同意。下棋可以大概看出人的性格,有些人是個急先鋒,要求規定時間為一分鐘,有些人優哉遊哉,慢條斯理,我更希望是在七八分鐘就結束一局————現代社會,要做的事情很多,效率很重要。林子大了,什麼鳥都有,極少數棋手遇見我的雙炮將軍,或者馬後炮之類的將軍,這樣的將軍,就是絕殺,你就是把胡榮華大師請來也無可救藥,可我的對手竟然也求和,讓人哭笑不得。也有很客氣的人,有一次,我被人將軍,眼看“大兵壓境,岌岌可危”,對方竟然發出資訊來“跳馬”,畢竟那是將軍級別的健康管理棋手,我一時沒有反應過來,他又發出幾個字,“跳馬,擋住車”。啊,能夠有這樣的對手,溫文爾雅的人,實在是件難得的事情。

如果生活中也多些這樣設身處地為人家著想的人,我們這個社會不是會變得更加和諧嗎?
PR

鄉村的雨


鄉村的雨,不是從遙遠的天宇降下來,而是從山頭上滾下來的。起初,一滴,接著一滴,慢條斯理,帶著幾分村姑的羞澀。啊,終於落到了你的臉上,簌簌地,不禁驚呼起來:這是久違了的情人的淚!

鄉村的雨,落著落著,雨霧便像線一樣連了起來,形成了另一片天空,將鄉村裹了個嚴實,從頭到腳都裹住了。看!那雨霧又多麼像姑娘的秀發,一根一根,斜斜地密密地披在肩上。我從來沒見過這樣的雨霧,單純,恬靜,溫柔,素雅,鄉村似乎成了你的男人,由你訴說,由你敲打,由你愛撫,由你親昵。啊,鄉村的雨,你是幸福的雨,沒有任何一種雨能比得上你。

鄉村的雨,帶著敏銳的嗅覺,聞到了紛紛揚揚盛開著的蘋果花,一片片,一團團,那是花的海洋,那是花的天堂,花瓣飽滿地綻開來,像戀人熱烈的唇。黃褐色的花蕊裸露著,那是赤誠的沒有掩藏的心臟。蘋果花啊,沒有一毫一絲的防備,鄉村的雨就悄然而入了,倏忽間,吻著了最豔麗的唇,酥酥地,傳遍了身體的每一個毛孔。鄉村的雨,你太幸運了,像棉花垛一樣競相怒放的蘋果花,在綺麗的雨霧中,更加的婀娜,更加的嫵媚,連平常煩人的蜜蜂也不來和你爭著搶了。蘋果花,是獨屬於鄉村的雨!

鄉村的雨,小草離不開你,掙著撐開肚皮讓你大膽地灌;鄉村的雨,杏樹、梨樹、桃樹,都離不開你,它們貪婪地恣意地張開小嘴,饑渴地吮吸著你的汁液;鄉村的雨,連頑皮的小狗也離不開你,雨中爽快地洗回澡吧,把沉積的垢痂和茅草沖個淨;鄉村的雨,連農家的瓦房也離不開你,沖刷了屋頂的塵埃和枯葉,讓日子亮亮堂堂地過;鄉村的雨,連農家的母親也離不開你,她偎依在地上栽下的小蔥苗,還要等著快快地長大,讓他鄉的兒子回來趕緊吃上;鄉村的雨,連傲然挺拔的楊樹也離不開你,縱然高大魁梧,仍需汲取你的營養。

鄉村的雨,你太美了,美了你所愛的一切!

不敢奢求什麼,只是想念


我路過幾處孩時的樂園,那些地方早已面目全非,聽說又要準備建什麼新房了。該拆遷的拆遷,該填埋的填埋,該新建的新建,畢竟喜慶只圖一個“新”字,那些破舊,永遠屬於回憶,除了幾位懷舊的老人,沒有人會在意這些的。大家都在盤算著:新建這些需要多少錢;家中還有多少積蓄;又要去親朋好友那借些錢了;債務又多了一些;孩子的開銷似乎又大了些;以後要更加努力賺錢了……或許不變的只是生活,它一直在繼續,雖然主題永遠是庸俗,但是現實。

不知有多少人曾從你這走出,又有多少人曾衣錦還鄉,還有多少人回來尋求溫暖?這些你都不曾記憶,不是你冷漠,而是你太過博愛。如若不是為了生活,又有幾人捨得離開?你雖不捨,但終究沒有挽留。每個人都有自己的生活,好與不好,都要生活,那又何須在意好壞?衣錦還鄉,是很榮光,狼狽而歸,是很落魄,但大家都是遊子,回到故里,還分什麼彼此,要知道得意有時,失意有時,為了所謂面子,值得高看低瞧嗎?你從始至終只是靜靜地看著,不曾說些什麼,遊子歸客,都還只是孩子,長大了,就懂事了。

你我一直在變,只是離家久了,多了些想念。故土,你變或不變,與我何干?你的氣息,早已被我銘記,我不敢奢求什麼,只想靜靜地看看所剩不多的遺跡,那些地方有著你我孩時的記憶,即使時間再久,又有誰可以帶走當年留下的痕跡?那些童年,快樂與否,沒什麼大不了的,記下開心的,忘記煩心的,時間就是這樣過來的。那些往事,風一吹,就散了,風一停,又復原了,好與不好,且任它去吧,至少還有記憶,不是嗎?

村口橋邊有兩棵老槐樹,幾百年了,一左一右不知守護了幾代人?我幾次匆匆路過,終是不曾細看,只知道右邊的那棵老槐樹曾經住過一隻狐狸精,後來被雷劈過,只留下黑漆漆的樹洞,幾百年過去了,那個樹洞,依然存在,只是那隻狐狸精,不知所踪。或許,正因為傳說,那些景物才有了幾分神韻,似被賦予了靈魂,是故鄉親們津津樂道,遊人就此流連忘返,更不知醉了多少文人墨客?

風似有些靜了,我亦有些倦了,那些人情世故,真的不想懂,可是又不得不懂,這或許就是生活的無奈。因了而了,卻了無了,誰人能解?風土不改,變得只是你我,任那些偽裝多麼嚴密,心累時,終要找人傾訴。瘋也好,狂也罷,草書人生,哭一聲,笑一聲,清茶濃酒,醒也好,醉也罷。

我來不及述說什麼,再多的話語,再好的文筆,不過徒添了幾分笑意。故土無恙,我只是想念。

を責めてはいけない靑春が狂う


私の母と私は言って、彼女は若い頃、私はよくおばあちゃん彼女は言います:「あなたはあなたを見てみて一日中がなんとなくゆらゆらのようにどんな様子!良い靑春の歳月も用いた怠け享楽あなた大騒ぎ!まだ若いうちに圧力がない記憶がたくさん勉してものなど、あなたが私を知っている本この歳に恨みを知っている方が少なく、貴重な時間を、知って若いいいました!そのDR集團時、私はきっと後悔する!」

実際には、これらの話は私がお母さんに叱られたときに挙げた例はない、彼女に教えたくて、当時の彼女のお母さんと彼女は言ったこの話の時、彼女は本当に理解できない、今彼女は確かに後悔したので、今私は、戒めて導が私に私彼女にこの年にも若い時しか痛恨自分の剣を歩いて、偏锋、むなしい日々も。

これは私の母は一人の観念を振りまいた少しの年齢の人が若い人を見ると各種野太い、無為に過ごす行為も感じをり越え、心根を正すべき。人々は必ず一定の年齢まで生きて、いくつか道理がわかられて、彼らが生活の圧力に追われて、理想と尊厳の間で揺れるころから非難の若い時の自分はなぜそんなに生活横柄、なぜそんなに気にしないた夢。彼らは自分の日に死んだ後の祭りでいくつかの意味のないゲームと恋に自ら抜け出すことができない、その仮定の世界の真実として、一クラス間の試合も真剣に今考えても特徴の女の子を。

私はもちろん、賛同し、靑春をいっぱい書いて無知、無自制する力にミスはいかなる代価を払ってたくない。しかし靑春、更に、甚だしきに至っては理性を書くべきでないと意味が満載。狂気かもしれないかもしれない、非常に思い上がってかもしれない結果にこだわらないで、愛憎こそが靑春の最も重要な意義。

もし人生は副絵巻なら、靑春はこの絵絵巻の枠として、人々が自分のDR集團人生の境界はどこに。本当に素敵な人生は、ずっと成功ではなく、様々な感じに力を持ち、様々な感覚刺激。人々の生活の中から多くの道理を悟ると、様々な感情を感じることと理解、情緒と認知同様に重要。

人生は答案用紙が、それは更に1度の体験。靑春の意味、時にはそれは何の意味もなく、はは一定の尺度にこだわらない結果に自分の好きな行事は、1種の行為に原因を探す必要はない事ごとに、事前に想定結果はいい黒髪をばっさりと時間を消耗、光陰にぼんやりして、流浪して、行く自己追放、中毒のような愛はまた気違いのような恨み、思い切って泣いても、あえて離散。

そんな狂気に限って、靑春、小さい時、智能の足りないような気が狂うことを支えて、更に大いにいくらかの時、社会化の程度は徐々に深めます勇気がなくて、人々はそんな狂気。そんな狂気は思春期の限定版。私たちはそのを獲得し、一種の令嬢を買いにくい、理知が及ばないのDR集團意味。時にはそれは何よりも近い生命の真意は、人々が本当の本能と冊の生活に行って。思春期の人々が最も自分の時。ひとつない狂気がありませんでした、本当に過ごす思春期の人に殘念ですが、時には本当に理解生活。

感性と理性は互いに助け合い、互いに理解できませんが、相互の照合されると、両者が意味を失う。

あなたが行方不明になったが誰を驚かす


団地のケーブルが壊れた、見られないテレビ、ネットに行けません、手の中の小霊通も消耗量がない信号は、全体の人のように急に置き去りにされた深海の孤島に、外部との連絡がとだえた。

聞いて、壊れたケーブル3日間が修理。いっそ安安心買った大きなキャンドルと十分に三日で便利な食品、振り返る本棚の上の本を外し蒙尘。が電気のない日々を。

久しぶりのろうそくの光の下で本を読みました、やっと発見してとても気持ちがいい。淡い油煙臭い、そっと胸の炎が好きになった停電の日。

停電の第3日。心の中はまたからかすかに不安になった。また、いくつかの雑誌の入稿期、電気が来ない。私はどのように書け交出?数日がネット上で、友達は私に心配して、qqはいくつかメッセージを蓄積した。コメントは得られない回復私を殴る小霊通は通じないか、だから遅らせて重要なことなのか?憂慮と外へ拡散波紋のように。本に見えない、そわそわして、一回また一回走って聞いて急いで修理回路の階進度。

幸い、団地の回路は停電した後の第4日朝が直りました。朝まだ起きて、外のコンピュータのスピーカーを聞いて「どん」を開いた。ついに着信した。服を着ることに間に合っていないで、最初の反応は跳び起きて、コンピュータを開けて、コンピュータの起動の隙間、また急いで充電するように小霊通。登録qq、ブログやメール、気持ちはなぜか感動して、心のありようがあるかもしれない新しいニュース潮は同様に湧いてくる。しかし現実はとても静かで、qqに二三人の親友に訊いて:?帰らない、アバターは暗くてなくなったの。メールに二通編集の原稿を頼む、ブログで左官条ブロ友のメッセージ。誰も聞いていません私はどうして突然行方不明。小霊通を開けて、いくつかのニュースが湧く。全は天気予報の。意地になるようにそれを捨ててし。長いつもりで重大な突然失蹤事件、みんなの心の中でさえも巻き起こしてない水の花。世界はこんなに忙しくて、こんなに騒がしい衆生が気になる、誰一人の消えたの?

そんな感傷に際し、PHSで歌って、次からは、弟の。

「お姉さん、あなたがなにか?これらの日も家に電話して。あなたに小霊通をつなぐことができなくて、ずっと……」語気に抑えきれない不満。

「地域が止まった三空電、小霊通もニュースがない。」私は低い声で回。

「お姉さん、あなたはどういうことか?電話がなかなか通じない、早くお母さんをいらいらした、もう一枚買って切符を行って、あなたは行って、急いで母に電話。」弟の電話をかけました、妹の電話も打て。

「私達の団地停電、携帯充電ができなく……」

「あなたは外へ電話をかけますか?」

妹の言うことは。しかしそれでは数日間、私も全く家へと。

急いで電話が鳴るは帰って、人につなぐ「英子でしょう、あなたの電話が来た……」母は次の電話は、電話でつぶやいた1つ私に叱られました。怒りがない、私は甚だしきに至っては想像できる電話那端母にこにこの様子を、この三日間も繋がらず電話、私はまだ何を思っていることかなあ。テレビを見ミャンマー侧に騒いで地震があった、南寧あかつきも発生し、そちらは大丈夫でしょうか?」母に言われて。

“私達のここは大丈夫、団地のケーブルは壊れて、やっと直し……」

なら、いいよ。無事でありますように。」電話の母親は終始ない一言文句は私を批判する。彼女は知っている私はとても良くて、満足していました。

多くの時、私達は自分をこの世界との関係を重要すぎて、実際には、この世界で誰もが、自国を回転して地球。私たちは常に自分を最も重視するべきなのは無視した。もしある日ならば、あなたは本当に行方不明になって、本当に驚かすのあれだけ少数のいくつかの人のうち、あのいつもすべてをあなたが締め付けられる心の人はあなたが最も親しい人。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R