忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いう間に終わ

私はあれから家を片付けました。しかし今は元の汚さに戻っております…。

「ノドモト過ぎれば熱さ忘れる」…… 
昔の格言はどれも正しいですね…。くなれるような、
そんな年になってほしいと心から願う新年です…。ます。張れ、日本男児!!テレビを満喫している今日このごろで>す。。
一気に秋がきました。
ついこの前まで暑くてたまらなくてヒーヒー言ってたのに、少し過ごしやすいなぁと
思ったのもつかの間、今は寒いくらいです。
ホント過ごしやすい時期なんてアッとってしまうんですね。

近くのたんぼでは稲刈りを終えたところが多くて、なんだか景色が少し寂しい感じがします。
毎年、稲穂の実った黄金色のたんぼの畦がまっ赤な彼岸花に囲まれて、
黄色と赤のコントラストに秋を感じてうっとりしたのですが、
今年は彼岸花の赤色が全然見当たらない<うちに稲刈りが終わり、
裸んぼのたんぼが増えた今頃になって やっと彼岸花が見られるようになりました。
今年は彼岸花の咲くのが例年より遅れたのかな…
私としてはあの黄金色と赤の美しい風景が、「これぞ日本の秋」って感じで
楽しみだったのに、なんだか今年は肩透かしをくらったようです。
2010_10.jpg
たんぼの畦の彼岸花はもともと自然に生えたものではなく、
ネズミ除けに植えられたものだったそうです。
たんぼに多い野ネズミは、畦に穴を開けるので畦が壊れて水が抜け、
農家の困りもの。
そこで、ネズミ被害を防ぐために、根っこに毒を持つ彼岸花を植え、
稲を守ったと言われています。
あの美しい風景は、農家の智恵から作り出されたものだったんですね。

私の祖母が住んでいた田舎では、肺だったか心臓だったか忘れたけど、
なんせ胸の病気に効く、と、彼岸花の根っこをすり洗髮水おろして胸の上に広げて貼り薬に
していました。
毒を薬として利用する、こういう事を思いつき、植物をうまく利用してきた昔の人は
本当に賢いですね。

さてさて、秋の私の楽しみといえば、栗!!
PR

る祝賀の言葉も


何といっても一番困るのは、行きあう人々がみなかれにお辞儀することだった。ガリオンにはまったくどうしていいかわからなかった。自分もお辞儀をかえした方がいいのだろうか。それともわかったというしるしにうなずいてみせればいいのか。さもなければまったくそ知らぬふりをしていた方がいいのだろうか。だが相手に〝陛下?といわれたときにはどうすればいいのだろう。
 昨日のできごとはまだ混沌とした記憶のかなたにかすんでいた。かれは〈要塞〉の胸壁から群衆の歓呼にこたえた。この期に及んでもほとんど重さを感じさせない巨大な剣は、あいかわらずかれの手のなかで燃え続けていた。たしかにそれは途方もないことには違いなかったが、そういった表面的なことがらは、日常的な生活面での大変化に比べれば問題にならなかった。リヴァ王の帰還の瞬間に向けて膨大な力を一気に集中しなければならなかったため、はじめて自分の正体を知った目くるめくような体験のなかで見聞したできごとが、いまだにガリオンの頭をすっかりぼうっとさせていたのだ。
 次から次へと届けられ、戴冠式に備えてのもろもろの用意も、かれの頭のなかでぼうっとかすんでいた。間違いなくかれ自身の生活だというのに、一日のできごとを筋道たてて論理的に説明することすらできなかった。
 そして今日は恐らく昨日よりもひどい一日になりそうな気配だった。かれはほとんど眠れなかったのだ。かれが昨晩案内された宮廷の巨大なベッドはひどく寝心地が悪かった。四隅からがっしりした四本の柱がそびえたつ天蓋つきのそれは、紫色のビロードのカーテンが引かれ、あまりにも広く柔らかすぎた。というのもここ一年あまり、かれはほとんど地面に野宿する生活を送ってきたので、羽根ぶとんのマットレスの敷かれた王のベッドはあまりにふわふわしすぎていたのである。それにベッドから一歩でようものなら、人々の関心の的になってしまうことはわかりきっていた。
 どうやらこのままベッドの中にいた方が楽そうだ、とガリオンはひとりごちた。考えれば考えるほどそれは最善の方策のように思えた。だがかれの寝室には鍵がかけられていなかった。日の出からまもなくしてぱっとドアが開き、誰かが入ってくる音がした。けげんに思ったガリオンは、ベッドを囲む紫色のカーテンごしにこっそり外をうかがった。いかめしい顔つきをした召使いが忙しげに窓のカーテンを引き、暖炉に火を起こしていた。だがガリオンの関心はすぐにその上に置かれた蓋つきの銀製の盆の上にうつった。かれの鼻はソーセージと焼きたての暖かいパン、そして盆のなかからぷんぷん芳香を漂わせるバターなどの匂いをすばやく嗅ぎとった。とたんにかれの胃が猛然と自己主張を始めた。
 召使いは準備万端ととのったことを確認するかのようにあたりを見まわすと、今度はしかつめらしくベッドに近づいてきた。ガリオンは慌てて上掛けの中にもぐりこんだ。
「陛下、朝食の用意が整いました」召使いはおごそかな声で言うと、四方のカーテンを次々に引いて柱にくくりつけ始めた。
 ガリオンはため息をついた。ここではベッドに入ってることすら意のままにならないのだ。
「わかった、ありがとう」ガリオンは答えた。

百世執念,與妳壹生長相廝守


永遠究竟有多遠?五百年,壹千年亦或是壹萬年?卻是道盡人世滄桑。我獨步輪回百世,輾轉經年,妳始終是我那心頭永恒的眷戀乳鐵蛋白

眉間朱砂壹點,筆落宣紙字字幽怨。我祈願諸神:用我百世執念,換妳壹生與我長相廝守!

輪回路上,幾多情愁愛恨。誰曾記得清楚。奈何橋前,難舍難分,卻有幾人能坦蕩壹聲“奈何”!是誰在執著守候,不曾遠離,苦苦期盼著與妳共赴紅塵的另壹場相遇。

那壹年晚秋,妳如彩蝶飛舞驚艷了我寂靜的心海。從此戲入佛心,沾惹紅塵種種。那壹抹柔情,染上了幾許輕愁。我想妳念妳,已為妳成魔。相思成癡,落筆寫詩。字裏行間都是妳的影子。妳的氣息。清風拂面,壹杯酒。明月當空,幾多愁。回眸處,尋不見相思的彼岸。夢裏壹人獨坐琴臺。壹曲長恨演奏心中的哀怨,妳不在何以成眠?

妳說如果可以重新來過,我不會再見妳,也不會再愛妳,是啊!最好不相見,如此便可不相戀。妳可知我早已把妳刻在心頭骨子裏。重頭再來。我依然愛妳,守候妳。我執筆寫意,落筆方知,寫下的都是妳的點點滴滴。我的世界,只有妳。

用我百世執念,換妳壹世長相廝守。那壹場遇見,渲染了似水流年。自此,眉間心上,逃不過相思的苦。眉間山水,讓我墜入愛的源泉。落筆寫詩。細細臨摹妳眉間壹汪春水。許是前世的愛的太深,今生的相遇,已然錯過明媚的花期。許是妳就是我眉間的那點朱砂,相愛成癡,相思入骨。時間的盡頭,妳是否也會望著空中壹輪明月。念著遠方的我有機美容

涼風徐徐,我對月獨飲,壹杯早已斷腸。念君,君不知。青絲已成白發,壹生牽掛!

夢的深處,是誰將最美的誓言遺留在某個角落。那壹段幽怨,究竟清瘦了誰的容顏?百世執念,相守壹場煙火的瞬間。壹壺清酒空對月,對影雙人盼君歸。等壹場最美的年華,等壹場傾心的遇見。

相思暈染逝去的歲月。細細品味回憶

裏,有妳的天真爛漫。我願化作壹只蝶。翩然落在妳的窗口,伏在妳的肩頭,與妳共壹抹寧靜的時光。

我願化作壹縷月光,散落在妳小床,共妳壹簾幽夢;我願化作壹片雲。漂浮在妳目光可及的地方。靜靜的望著妳、靜靜的祝福……

我愛妳如斯,是否可以不再憂傷?許下的誓言,是否可以優雅轉身?壹曲紅塵如夢,鐫刻點點滴滴的相思淚水。在眉間、心上,輾轉憂傷。和著壹絲纏綿幽怨的花落。

用我百世執念,換妳壹世長相廝守。這壹路走來跌跌撞撞,都只是人生

的擦肩而過。獨步輪回百世,只願換妳回眸壹笑。鉛華褪盡,我是妳執念壹生的舊人?。百世的執念,當真可以換的壹世的長相廝守。

沈醉於夢中有妳,妳留我壹夜溫情,許我壹生夢醉。用我百世執念,換妳壹生安好。百世的輪回,壹生的愛戀,是否只是我壹個人的愛的修行。修行百世,又能否與妳同心連理。紅塵阡陌,醉眼朦朧見妳走來。紅顏依舊。我將妳長發挽起。為妳披上嫁衣。在妳的耳邊細語呢喃:用我百世執念,只為與妳長相廝守消化系統

沒有壹個人會讓妳痛苦

怎麽樣能夠戰勝自己呢?當然佛陀是用智慧,不是強忍,有三道智慧,經雲:謂壹切逆境惡緣現前,菩薩皆悉觀察,此等逆緣皆是自己過去惡業之所感招,而生慚愧之心,逆來順受。又當思惟,此乃菩薩及善知識之所示現,教化於我,我若不患此苦,定當陷入現世安樂之中願景村 洗腦,忘失正念,而生感激之心。又當思惟,境無美醜,唯人自招。而吾人身心之中,我尚不可得,雲何有我所取之境界耶?菩薩於中善自思惟,則為堪修忍辱。

當我們遇到惡因緣的時候,有三種智慧:第壹,我們要知道,這些逆緣都是過去的罪業所招感,我們自己要勤修懺悔。我們行菩薩道有壹個很重要的概念,只要妳有感受就壹定有業力,這是基本常識。妳看到這個人,感受很不好,妳聽到壹句話,感受很痛苦,妳壹定有業力,妳如果沒有罪業,妳看到這個人,聽到這句話,是沒有感覺的。雖然表面上是他講這句話願景村 洗腦,其實事實上他只是用這句話,來刺激妳的罪業起現行而已,他只是壹個增上緣。


妳如果明白佛法的緣起論,我講實在話,沒有壹個人會讓妳痛苦,也沒有壹個人會讓妳快樂,只有妳自己。所有的快樂痛苦都跟妳有關系,妳最好早點明白這個道理願景村 洗腦,萬般皆是業,半點不由人,不是別人決定的。所以,妳只要有壹個很痛苦的感受,妳壹定要知道,有感受壹定有業力,如果妳感到快樂,是善業起來了,如果妳是痛苦的,罪業起來了,別人只是壹個增上緣而已,沒有壹個人會給妳痛苦,沒有人可以傷害妳。佛教的因緣觀,完全是壹切唯心造,妳的心顯現了善業,顯現了罪業。既然是這樣子,跟別人沒有關系,我們只有多多懺悔自己,改變我們的罪業,罪業改變了,妳的感受就改變。

讓那炎熱的夏季風向我徐徐吹來吧


走過立夏這個節點,春日的婉約、嫵媚,甚至多愁善感,都將被夏日的熱烈蓬勃所取代。在綠瘦紅肥的依依不捨裏,一池青萍,驟然生長。我可是那朵蓮,在月色的荷塘裏,在靜謐的時光中,伴隨季節行走的心跳,悄悄綻放割雙眼皮。心的韻律跌宕成一首詩,輕染燈火。

立夏這兩天,與我們相約的超級月亮,溫情脈脈地俯瞰地球。玉光流轉,讓所有的星辰都黯淡了顏色。朗月清風,廣舒雲袖,在夜空無垠的舞池裏,身姿曼妙,清逸出塵。皎潔的月色,你是怎樣輕柔地喚醒了我?

皓月下,窗臺上那盆枝葉扶疏的茉莉,散發著幽香。一室醉人的彌漫,一樹朦朧的白花,一地如水的月色,趕跑了我的睡意,我不由蜷身坐起,將頭枕在膝蓋上。

癡望著月的清輝,噤聲,卻聽見,一顆星星與另一顆星星在輕聲說著話。

迎頭正是夏季風,走在烈日炎炎的柏油路上,來往的車輛川流不息。寬闊的道路兩邊是倔強挺拔的白楊,濃蔭蔽日,六月的太陽執拗地掛在天邊。抬起頭,迎著仲夏的陽光,身邊驟然地駛過幾輛單車,是一群少年,臉上是無牽無掛的陽光笑容。又是一年的華洋坊六月,高考過後是中考。我們的身後,有匆匆趕來的年輕人。時間太瘦,指縫太寬,但還是希望能偶爾捕捉過往雲煙,珍藏一抹動人的風景,直至永遠。小徑旁,一樹又一樹黃色的薔薇花開到荼蘼。醉人的清香,飄蕩在空中。夏日徐風,吹落嬌嫩的花瓣,點綴著小徑的靜寂。黃色薔薇花的花語是“永恆的微笑”,當我從樹下經過,一身輕盈地繞過那一樹動人的明媚笑靨,我知道,美麗的邂逅,只是相逢一場花開的盛宴。

如雪槐花飄香之際,山潤浪起來。幾戶養蜂人光臨小城的望海寺山,在山腳和山的緩坡處安營紮寨。每天傍晚鍛煉的山道旁,多了幾家人黃綠色的帳篷和幾排錯落有致的黑褐色蜂箱。在山道的平緩處,第一天,看見皮膚紅潤的少婦懷中抱著一個結實的男孩子在來回走著。第二天,看見勤勞的男主人在帳篷的不遠處挖出一塊圓形的黃土地,將小蔥一圈圈地栽上。帶來的三只母雞悠閒地在草叢中覓食,一條小狗在蹣跚學步小男孩的身邊繞來繞去。第三天,隱約可見孩子在帳篷裏木板搭就的床上安然睡著,男人和女人在蜂箱旁忙碌著,一只只蜜蜂環繞著他們飛來飛去。原來,漂泊中的愛情與生活,與我們是一樣的煙火,只是更艱難更達觀。家在哪里,生活就在那裏安家落戶,愛情就在那個地方相濡以沫。

迎頭正是夏季風,張開手臂,恣意釋放骨子裏的浪漫。愛情永遠是花香裏的一種沉醉,燃燒記憶卻泯滅不了相思的痛。六月的樹揚起驕傲的翅膀,綠色的痕跡可否劃過你的天空,飛到愛的天堂。

一切,如水,默默流入心海;如風,吹開記憶的將軍澳通渠門扉。任由濃淡深淺不一的綠,塗抹成夏日畫卷。在田野間,有青青的綠草,有黃色的小花,有晶瑩的露珠。我在心中,為你畫一幅畫:白紗、輕煙、綠樹成蔭的村莊……

迎頭正是夏季風,紛遝而至的,還有如絮的楊花點點,“似花還似非花,也無人惜從教墜。”是北國六月飛雪的情思;陣陣的夏雨聲聲中,偏愛蘇軾的“歸去,也無風雨也無晴。”

夏的雨,是孤獨的靈魂,喜歡一個人獨自去遠方流浪。從廣袤的森林到一棵小樹的領地,從來都是無拘地行走。打著傘,我喜歡一個人走在清涼空曠的雨中。飄蕩的情愫,淋濕夢的衣裳。一花一世界,輕輕走來的我,以一顆詩心觸摸夏季的脈絡。

人在天涯,歲月靜好。打開電腦,選出最愛聽的那首歌,設置成單一迴圈。沏一杯蒲公英加檸檬片的茶,坐下來,慢慢地啜飲,一絲苦澀,一絲酸甜。淡淡的青綠色,與季節一樣的青翠與透明。我知道,我的天空,亦如你的天空,匆匆而過之後,還是安寧。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R