忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

知らん顔をした

を通じて感じているような、茫漠たる眺めではなかったはずだ。だがその光景は、まるで前世で見た夢のなかの景色のように、ぼんやりとしか思いだせなかった。

中央ラウンジに入っていくと、王賜豪主席ケプラー博士、ババカブ、ファギンの三人がいた。そばへくるようにと、ケプラーが手招きをした。
三人は、展望窓のそばに散在するクッショソに腰をおろしていた。ババカブは見た目と漂っているにおいからして、なんだか毒のように思える液体のカップを手にしている。ファギンはなにも持っておらず、根塊の上で体をゆすりながら、ゆっくりと歩きまわっていた。
湾曲した船殻にそってならぶ舷窓の列は、巨大な丸窓のような、床と天井に接する大きな円盤で断ち切られていた。その面が、ラウソジのなかヘ一フィートほどつきだしている。その円盤のなかのなにかは、しっかり閉められたパネルの奥に隠されていた。
「きみが、きてくれて、うれしい」ババカブがヴォーダーを通して言った。ひとことそう言っただけで、彼はクッションの上にだらしなく寝そべったまま、手にしたカップに鼻づらをつっこんで、ジェイコブにもほかのだれにも、。いまのはやむをえず挨拶しただけなのだろうか、」それとももともと愛想がいいのだろうか。
ジェイコブはババカブのことを〝彼〟と考無痕植髮えていたが、これはババカブの性別がまったくわからなかったからである。ババカブが身につけているのは、ヴォーダーと小さな袋だけ。服は着ておらず、外から見える体の構造は、かえって混乱を招くだけだ.たとえば、ビラは卵生動物であり、子供に乳を含ませたりはしないと聞いている。ところが、ババカブののどから股にかけては、シャツのボタンのような形の、乳首様のものがずらりとならんでいるのだ。データネットには、そんなことは触れられていなかった。ジェイコブは〈ライブラリー〉に、もっと完襞な要約をたのんでおいた。
ファギンとケプラーは、太陽降下船《サンシップ》の歴史について話しあっていた。その上層部の茂みと呼吸孔が吸音性の天井に触れているため、ファギンの声はくぐもって聞こえた。ジェイコブは思った。
(このカンテンが、閉所恐怖症を起こして暴れださなげれぱいいんだが。しかし、たとえ暴れだしたとしても、たかが口をきく植物など、恐れることはない。せいぜい、ちょこっとかじられるのがおちだ。それにしても、愛を交わすのに飼いならされた蜂の媒介が必要な種族のセックスとは、どんな感じのものなんだろう)
ファギンがしゃべっていた。「すると、それらの偉大な即興の工夫によって──あなたがたは、外部から少しの援助をも借りることなく、光球にまで観測天然狗糧装置を送りこむことができたというのですね! 非常に感銘を受ける話です。地球にきてから、もうずいぶんになりますが、〈コンタクト〉以前にそのような冒険が行なわれていたとは、少しも知りませんでした!」
ケプラーはにっこりとほほえんだ。「この太陽探査計画は、わた
PR

の軍がやっ

ばらばらの日についてしゃべっていたようだがね。とにかく、ザンドラマスは数日前ここへやってきて、アンガラクの新しい神が選ばれる場所へ行くつもりだとおれたちみんなに言ったんだ。片手をあげて言ったもんさ、『そしてこれがわたしが勝利をおさめるというしるしなのだ』言わせてもらえFoodwise紅酒ば、最初おれはぎょっとしたよ。あの女の皮膚の下で、無数の光が渦巻いてたんだ。しばらくのあいだは、こりゃ本当に重大なことなのかもしれんと思ったが、おれの隣りで店をやってる友だちの薬剤師が言うには、ザンドラマスは魔女なんだから、なんだって見せたいものを見せられるんだとさ。それで説明はつくよな」
「ほかになんて言った?」シルクが熱心にたずねた。
「夏が終わる前に、その新しい神が出現するってことだけさ」
「ザンドラマスが正しいことを祈ろう」シルクは言った。「それでこの混乱にケリがつくかもしれん」
「それはどうだかな」太った男はむっつりと言った。「このごたごたはこの先ずっとつづくと思うぜ」
「ザンドラマスはひとりだったか?」ガリオンはたずねた。
「いや。にせの皇帝と、ヘミルの神殿からきた白目のグロリムが一緒だった――飼いならされた猿みたいにあの女についてまわってるやつさ」
「ほかには?」
「ちっちゃな男の子だけだ。どこで拾ってきたんだか。立ちさる直前に、ザンドラマスはおれたちにトラクの弟子のウルヴォンてくるから、全住民は外へ出てウルヴォンの行く手をはばめと命令した。それから出てったんだ、あっちのほうへな」男は西の方角を指さした。「それでさ、友だちとおれはしばらくぼんやり顔を見合わせていたんだが、やがてどいつもこいつも運べるだけのものをもってとびだしてったよ。だれに命令されたにせよ、侵攻してくる軍の行く手に身を投げ出すほどおれたちはバカじゃないからな」
「どうしてあんたはぐずぐずしてるんだ?」シルクは興味ありげにたずねた。
「これはおれの店だ」太った男は優纖美容訴えるような口調で答えた。「一生働きづめでこれを建てたんだ。逃げだして、ならず者どもにこれを略奪されるなんて、まっぴらごめんだったんでね。やつらはもうみんな行っちまったから、救いだせるものはかたっぱしから救いだして逃げても安全なわけだ。置いていかなけりゃならないものもいっぱいあるが、どうせ長持ちするもんじゃないから、失うものはそうないのさ」
「ははあ」シルクのとがった鼻が好奇心にぴくぴく動いた。「なにを扱っているんだい?」
「一般商品さ」太った男は使用人たちを非難がましく見た。「その箱はもっとくっつけて積みあげろ!」とどなった。「あの荷馬車に積み込むものはまだいっぱい残っているんだぞ!」
「どんな一般商品だい?」シルクはくいさがった。
「家事に使う品や、道具類や、反物や、食料品や――そんなものだ」
「ふうむ」シルクの鼻がいっそう激しく動いた。「ことによると、あんたとおれは商売ができるかもしれないぞ。おれたちは道中長いんだが、物資がちょっと不足してきてるんだ。食料品と言ったな。どんな食料品だ?」
 商人の目が細くなった。「パン、チーズ、バター、ドライ・フルーツ、ハム。新鮮な牛のあばら肉もある。だが、言っとくがね、そうとう高くつくよ。ダーシヴァのこのあたりは食料不足なんだ」
「ほう」シルクはおうように言った楊婉儀幼稚園 拖數。「それほど高くはつかないと思うね――ウルヴォンが到着するときに、ここでウルヴォンを迎えるつもりでないんなら」
 商人はぎくりとしてシルクをまじまじと見つめた。

不敢奢求什麼,只是想念


我路過幾處孩時的樂園,那些地方早已面目全非,聽說又要準備建什麼新房了。該拆遷的拆遷,該填埋的填埋,該新建的新建,畢竟喜慶只圖一個“新”字,那些破舊,永遠屬於回憶,除了幾位懷舊的老人,沒有人會在意這些的。大家都在盤算著:新建這些需要多少錢;家中還有多少積蓄;又要去親朋好友那借些錢了;債務又多了一些;孩子的開銷似乎又大了些;以後要更加努力賺錢了……或許不變的只是生活,它一直在繼續,雖然主題永遠是庸俗,但是現實。

不知有多少人曾從你這走出,又有多少人曾衣錦還鄉,還有多少人回來尋求溫暖?這些你都不曾記憶,不是你冷漠,而是你太過博愛。如若不是為了生活,又有幾人捨得離開?你雖不捨,但終究沒有挽留。每個人都有自己的生活,好與不好,都要生活,那又何須在意好壞?衣錦還鄉,是很榮光,狼狽而歸,是很落魄,但大家都是遊子,回到故里,還分什麼彼此,要知道得意有時,失意有時,為了所謂面子,值得高看低瞧嗎?你從始至終只是靜靜地看著,不曾說些什麼,遊子歸客,都還只是孩子,長大了,就懂事了。

你我一直在變,只是離家久了,多了些想念。故土,你變或不變,與我何干?你的氣息,早已被我銘記,我不敢奢求什麼,只想靜靜地看看所剩不多的遺跡,那些地方有著你我孩時的記憶,即使時間再久,又有誰可以帶走當年留下的痕跡?那些童年,快樂與否,沒什麼大不了的,記下開心的,忘記煩心的,時間就是這樣過來的。那些往事,風一吹,就散了,風一停,又復原了,好與不好,且任它去吧,至少還有記憶,不是嗎?

村口橋邊有兩棵老槐樹,幾百年了,一左一右不知守護了幾代人?我幾次匆匆路過,終是不曾細看,只知道右邊的那棵老槐樹曾經住過一隻狐狸精,後來被雷劈過,只留下黑漆漆的樹洞,幾百年過去了,那個樹洞,依然存在,只是那隻狐狸精,不知所踪。或許,正因為傳說,那些景物才有了幾分神韻,似被賦予了靈魂,是故鄉親們津津樂道,遊人就此流連忘返,更不知醉了多少文人墨客?

風似有些靜了,我亦有些倦了,那些人情世故,真的不想懂,可是又不得不懂,這或許就是生活的無奈。因了而了,卻了無了,誰人能解?風土不改,變得只是你我,任那些偽裝多麼嚴密,心累時,終要找人傾訴。瘋也好,狂也罷,草書人生,哭一聲,笑一聲,清茶濃酒,醒也好,醉也罷。

我來不及述說什麼,再多的話語,再好的文筆,不過徒添了幾分笑意。故土無恙,我只是想念。

を責めてはいけない靑春が狂う


私の母と私は言って、彼女は若い頃、私はよくおばあちゃん彼女は言います:「あなたはあなたを見てみて一日中がなんとなくゆらゆらのようにどんな様子!良い靑春の歳月も用いた怠け享楽あなた大騒ぎ!まだ若いうちに圧力がない記憶がたくさん勉してものなど、あなたが私を知っている本この歳に恨みを知っている方が少なく、貴重な時間を、知って若いいいました!そのDR集團時、私はきっと後悔する!」

実際には、これらの話は私がお母さんに叱られたときに挙げた例はない、彼女に教えたくて、当時の彼女のお母さんと彼女は言ったこの話の時、彼女は本当に理解できない、今彼女は確かに後悔したので、今私は、戒めて導が私に私彼女にこの年にも若い時しか痛恨自分の剣を歩いて、偏锋、むなしい日々も。

これは私の母は一人の観念を振りまいた少しの年齢の人が若い人を見ると各種野太い、無為に過ごす行為も感じをり越え、心根を正すべき。人々は必ず一定の年齢まで生きて、いくつか道理がわかられて、彼らが生活の圧力に追われて、理想と尊厳の間で揺れるころから非難の若い時の自分はなぜそんなに生活横柄、なぜそんなに気にしないた夢。彼らは自分の日に死んだ後の祭りでいくつかの意味のないゲームと恋に自ら抜け出すことができない、その仮定の世界の真実として、一クラス間の試合も真剣に今考えても特徴の女の子を。

私はもちろん、賛同し、靑春をいっぱい書いて無知、無自制する力にミスはいかなる代価を払ってたくない。しかし靑春、更に、甚だしきに至っては理性を書くべきでないと意味が満載。狂気かもしれないかもしれない、非常に思い上がってかもしれない結果にこだわらないで、愛憎こそが靑春の最も重要な意義。

もし人生は副絵巻なら、靑春はこの絵絵巻の枠として、人々が自分のDR集團人生の境界はどこに。本当に素敵な人生は、ずっと成功ではなく、様々な感じに力を持ち、様々な感覚刺激。人々の生活の中から多くの道理を悟ると、様々な感情を感じることと理解、情緒と認知同様に重要。

人生は答案用紙が、それは更に1度の体験。靑春の意味、時にはそれは何の意味もなく、はは一定の尺度にこだわらない結果に自分の好きな行事は、1種の行為に原因を探す必要はない事ごとに、事前に想定結果はいい黒髪をばっさりと時間を消耗、光陰にぼんやりして、流浪して、行く自己追放、中毒のような愛はまた気違いのような恨み、思い切って泣いても、あえて離散。

そんな狂気に限って、靑春、小さい時、智能の足りないような気が狂うことを支えて、更に大いにいくらかの時、社会化の程度は徐々に深めます勇気がなくて、人々はそんな狂気。そんな狂気は思春期の限定版。私たちはそのを獲得し、一種の令嬢を買いにくい、理知が及ばないのDR集團意味。時にはそれは何よりも近い生命の真意は、人々が本当の本能と冊の生活に行って。思春期の人々が最も自分の時。ひとつない狂気がありませんでした、本当に過ごす思春期の人に殘念ですが、時には本当に理解生活。

感性と理性は互いに助け合い、互いに理解できませんが、相互の照合されると、両者が意味を失う。

あなたが行方不明になったが誰を驚かす


団地のケーブルが壊れた、見られないテレビ、ネットに行けません、手の中の小霊通も消耗量がない信号は、全体の人のように急に置き去りにされた深海の孤島に、外部との連絡がとだえた。

聞いて、壊れたケーブル3日間が修理。いっそ安安心買った大きなキャンドルと十分に三日で便利な食品、振り返る本棚の上の本を外し蒙尘。が電気のない日々を。

久しぶりのろうそくの光の下で本を読みました、やっと発見してとても気持ちがいい。淡い油煙臭い、そっと胸の炎が好きになった停電の日。

停電の第3日。心の中はまたからかすかに不安になった。また、いくつかの雑誌の入稿期、電気が来ない。私はどのように書け交出?数日がネット上で、友達は私に心配して、qqはいくつかメッセージを蓄積した。コメントは得られない回復私を殴る小霊通は通じないか、だから遅らせて重要なことなのか?憂慮と外へ拡散波紋のように。本に見えない、そわそわして、一回また一回走って聞いて急いで修理回路の階進度。

幸い、団地の回路は停電した後の第4日朝が直りました。朝まだ起きて、外のコンピュータのスピーカーを聞いて「どん」を開いた。ついに着信した。服を着ることに間に合っていないで、最初の反応は跳び起きて、コンピュータを開けて、コンピュータの起動の隙間、また急いで充電するように小霊通。登録qq、ブログやメール、気持ちはなぜか感動して、心のありようがあるかもしれない新しいニュース潮は同様に湧いてくる。しかし現実はとても静かで、qqに二三人の親友に訊いて:?帰らない、アバターは暗くてなくなったの。メールに二通編集の原稿を頼む、ブログで左官条ブロ友のメッセージ。誰も聞いていません私はどうして突然行方不明。小霊通を開けて、いくつかのニュースが湧く。全は天気予報の。意地になるようにそれを捨ててし。長いつもりで重大な突然失蹤事件、みんなの心の中でさえも巻き起こしてない水の花。世界はこんなに忙しくて、こんなに騒がしい衆生が気になる、誰一人の消えたの?

そんな感傷に際し、PHSで歌って、次からは、弟の。

「お姉さん、あなたがなにか?これらの日も家に電話して。あなたに小霊通をつなぐことができなくて、ずっと……」語気に抑えきれない不満。

「地域が止まった三空電、小霊通もニュースがない。」私は低い声で回。

「お姉さん、あなたはどういうことか?電話がなかなか通じない、早くお母さんをいらいらした、もう一枚買って切符を行って、あなたは行って、急いで母に電話。」弟の電話をかけました、妹の電話も打て。

「私達の団地停電、携帯充電ができなく……」

「あなたは外へ電話をかけますか?」

妹の言うことは。しかしそれでは数日間、私も全く家へと。

急いで電話が鳴るは帰って、人につなぐ「英子でしょう、あなたの電話が来た……」母は次の電話は、電話でつぶやいた1つ私に叱られました。怒りがない、私は甚だしきに至っては想像できる電話那端母にこにこの様子を、この三日間も繋がらず電話、私はまだ何を思っていることかなあ。テレビを見ミャンマー侧に騒いで地震があった、南寧あかつきも発生し、そちらは大丈夫でしょうか?」母に言われて。

“私達のここは大丈夫、団地のケーブルは壊れて、やっと直し……」

なら、いいよ。無事でありますように。」電話の母親は終始ない一言文句は私を批判する。彼女は知っている私はとても良くて、満足していました。

多くの時、私達は自分をこの世界との関係を重要すぎて、実際には、この世界で誰もが、自国を回転して地球。私たちは常に自分を最も重視するべきなのは無視した。もしある日ならば、あなたは本当に行方不明になって、本当に驚かすのあれだけ少数のいくつかの人のうち、あのいつもすべてをあなたが締め付けられる心の人はあなたが最も親しい人。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R